トップ / 女医の不足の理由とは

女医の不足の理由とは

女医を増やすため

過疎地域

女医が不足している問題

昨今、女性の社会進出は進んでいますが、女医は結婚や出産を機に退職の道を選ぶケースが少なくないため慢性的に不足している地域が多いです。不足を解消するためには関係する機関や人間がチームを組んで女性の医師が結婚や出産をしても長期間にわたって元気に勤務する事が出来るシステムを構築し、活用する事です。現在のような状況が続けば能力のある女性が活躍する事が出来ないです。また、女医を求めている女性患者のニーズに対応する事が出来ないです。

女医不足の現状と課題

医師不足が叫ばれている中、全体の医師の3割程度しかいない女医が置かれる周辺環境は周囲の理解が少ない事や激務の仕事と家庭の両立が難しく、止む無く退職を余儀なくされる人が少なくありません。しかしながら、「女性の先生が良い」と思う患者さんは多く、産婦人科やその他の科でも人気が高い事が現状で女医不足は続きます。医療業界でも継続して働いてもらえるような女性に働きやすい職場作りを目指してはいますが、まだまだ課題は多いです。

↑PAGE TOP