トップ / 医師は服装は白衣が一般的

医師は服装は白衣が一般的

大切な医師の服装

過疎地域

医師の服装に関する説明

医師の服装とは、勤務中の医者の着衣のことです。一般的には白衣を着用することが多いです。白衣を着用する理由としては、衛生上の理由と職務上の決まり等があります。衛生上の理由としては、服が汚れないようにすることや感染症などを防ぐためです。職務上の決まりは、職種ごとに定められた服を着用する事により見分けをつけるためや、患者に安心感を与える目的があります。医師の服装に関する法律上の決まりはなく、勤務中にどのような服を着用するかは病院ごとに服務規程として決められています。

医師の服装を観察してみましょう

診察の場で余裕があれば医師の服装をチェックしてみましょう。目立つ服ではないはずです。好みの差と思いがちですが、そうではなく実に考えられているのです。もし相手が正装だったら緊張するか言葉遣いをどうするか意識するでしょう。それに加え診察では医師と直接話すので、普段より緊張しやすくなるでしょう。そうならないようにラフな服装にし、緊張されないようにしているのです。このように些細なところでも、患者に対する心遣いがあります。

↑PAGE TOP