トップ / 医師免許取得までの道のり

医師免許取得までの道のり

医師免許の基本情報

過疎地域

医師免許取得のススメ

医師免許は、日本国内の国公私立大学医学部を卒業し、国家試験に合格することで取得が可能です。国家試験の合格率は軒並み、90%を超えており取得自体は容易に行うことが出来ます。そのため、資格取得を望む際の一番のハードルは、高等学校卒業後の医学部入試となります。医師免許は一度、取得すると生涯執行することがありません。本務先の他に、アルバイト(外勤)を頻繁に行うことができるため、非常に利益率の高い職業です。

医師免許を取るためには

医師免許を取るためには、基本的には大学の医学部で6年以上学び、その上で国家試験に合格する必要があります。この試験は合格率こそ一般的な国家試験に比べるととても高いですが、医学の知識があると認められた人にのみ受験資格が与えられるので難しい試験です。また医学部での勉強もとても大変なもので、留年も珍しくありません。それだけ努力をして医師免許を取得しているからこそ、我々も安心して治療を受けられるというわけです。

↑PAGE TOP