トップ / 医師の仕事はハードである

医師の仕事はハードである

医師の勤務形態は

過疎地域

医師の激務な労働環境について

高給取りのイメージが強い医師の勤務形態を紐解いてみると、早朝から深夜までの労働が必須となる、激務な環境が非常に多いです。大学病院などでは、日中は患者さんの診療に時間が充てられるため、カンファレンスや勉強会、会議といった一般雑務が閉院後に行われます。医学は、日々進歩を遂げると言われているように医師は、最新の医療知識を日々、吸収する必要があります。そのため、寝る時間を削って、勉学にいそしむ必要があり、仕事・勉強に激務となります。

医師は激務でやりがいあり

医師は激務である事は理解していただけると思います。患者がいれば定時など関係なく残業になりますし、当直により病院で寝泊まりする事もあります。それに医療の分野は変化が早いので、勉強は欠かせません。このように大変な事だらけである医師ですが激務であるからこそ、やりがいを感じる事ができます。やりがいは達成感とも言い換えられますが、簡単もしくは楽な事にやりがいは感じづらくなります。仕事のモチベーションをやりがいで保つ人もいますので、やりがいは重要な事です。

↑PAGE TOP