トップ / 医師の義務とはなにか

医師の義務とはなにか

医師に関係する法律

過疎地域

医師の権利と義務を定めた法律

権利と義務を定めた法律として、医師法があります。免許を持つ者以外は診療行為を行うことができないという定めがあります。また、診療業務に深い関係のある法律の定めとして、診療(応召)の義務というのがあります。患者から求めがあったときには診療を引き受けなければならないという義務です。病気や疲労時など例外的に免除されるケースもありますが、例えば「診療費が滞っているから診察しない」というのは不可能ということになります。また、「医師」という名称やこれに準ずるものを使えません。これは「業務独占」「名称独占」と呼ばれていま

医師に求められる法律上の義務

医師には一般人と異なり多数の法律上守るべき義務事項が発生します。最も有名な義務に「応召義務」が挙げられます。医者が助けを求めている患者さんを目の前に、救済を断ってはならないとする規則です。飛行機などで体調を崩した乗客がいた場合に、医師は患者さんまたは乗務員の求めに応じて応急処置をする必要があります。しかしながら、この法律から逃れる手法が1つあります。正常な判断が出来ない状況(飲酒)の場合は、断ることが認められています。

↑PAGE TOP