トップ / 医局で働く場合の年金

医局で働く場合の年金

医局と年金の問題

過疎地域

医局を異動になる場合

医局で働く場合には異動を命じられることもあります。それは病院によっては結構多い場合もあるのです。異動というと嬉しいと感じる方もいれば怖いと感じる方もいらっしゃるかと思います。今回はそのようなときに年金はどうなってしまうのかということです。その点では大きな心配はいりません。医局の異動でも年金はきちんと引き継がれるようになっています。都道府県をまたぐ場合も同様です。なので安心して新しい地でお仕事に励み、スキルアップを目指していきましょう。

医局に勤務する場合の年金とは

医局に勤務する場合の年金は、勤務先が県立病院などの国公立の病院か、私立や企業が運営する病院なのかによって種類が違います。国公立の場合は公務員として扱われるため共済へ加入することになり、企業が経営する病院の場合は会社員として扱われるため厚生年金へ加入することになります。医局の転勤があってもこれを引き継ぐことができます。例えば、国公立から私立に異動した場合にも、加入年数を通算して計算することになります。

↑PAGE TOP