トップ / 医師が働く科の種類は

医師が働く科の種類は

一人前の医師になる

過疎地域

医師免許1つで多くの診療科で

病院には内科や外科など様々な種類の診療科がありますが、これは医師免許1つあれば働くことができます。但し、働けるようにはるためにはまず国家資格を取得しなければなりません。資格を取得した後、2年間研修医として経験を積んでいきます。その研修が終わる頃にどの種類の診療科に進むのか決め、さらに専門分野の知識を深めるための研修が始まります。ここまでの過程をこなすことによって一人前の医師として働くことができるようになります。

医師の種類を覚えて来院する

医師の種類を覚えておくと、いざというときに迅速な医療行為が受けられます。たとえば、得意分野を持つ知り合いが複数人いた場合を考えると合点がいきます。誰かに美味しい料理を作ってもらいたいと思ったときに、たまたま近くにいた知り合いに声をかけたとします。しかし、その人は日曜大工が得意です。料理が得意な知り合いの名前を知っていれば、このようなことは起こりません。医師の種類を把握していれば、症状に応じた医療機関を受診できます。

↑PAGE TOP