トップ

医師のコミュニケーション

医師に必要な能力

過疎地域

適正のある医師とはどのような人

医師に必要とされている能力は医学の知識よりも患者さんとのコミュニケーション能力が重要とされています。ほとんどのケースの場合、基本的な病期や疾患の知識を持っていてもレントゲンやCT・MRIなどの画像所見やそれを読み取る力があっても病状を把握できる事には限りがあります。例えば、関節の節々が痛い・この辺に違和感があるという訴えがあったとして、それを聞き流してしまうようでは原因を分析する事は困難です。いつ・どの部分が・どのように違和感があるのかを詳しく聞いていく事で、症状や患者さんの困っている事を評価出来ます。しかし医者になるために適正を図る指標は現状では机上の医学知識を問うテストしかありません。その為、詳しく症状を聞いている医師もいれば、いないのも現状です。結果、患者さんの症状を把握出来ずに間違った治療を選択したり、治療しても改善出来ないケースも多いと言われています。医師に適している人の特徴とは患者さんと密にコミュニケーションを取り、納得される医療が提供できる人こそ適正がある人と言えます。

適正は手の早さが肝である

適正を医師に限定して考えると手が早いことに尽き、なおかつ確実な結果が求められています。人命を扱っているのですから失敗は許されておらず、次々と来院してくる患者には迅速な対応をしなければなりません。仮に手が遅い人物が診察することになれば、あらゆる面で弊害が発生します。患者の中には軽度の症状で来院している人も存在していれば、すぐにでも処置が必要なほどの状態で医師の診察を待っている場合もあります。適正がない人物が緩慢に仕事をしていても後者の重篤な状態の患者に対応するのは言わずもがなですが、あまりにも時間がかかれば軽度の症状の患者も体調の悪化が危惧されます。すると、病院の待合室にはありとあらゆる菌が蔓延する可能性が高くなり、ときとして受付対応に追われているスタッフの体調が悪化することも考えられます。さらには、病院に医療機器を運び入れる業者の担当者にまで細菌感染の可能性が否定できなくなるので、医師は適性があるに越したことはないです。

↑PAGE TOP